See what you can grow

商品コンセプト

  • HOME »
  • 商品コンセプト

農産物と私たちの⾷事Our meal

あなたが毎⽇⼝にしているその⾷材は本当に安全なのでしょうか。

昨今の農業では、様々な技術によって量産が可能になり、⽐較的安く農産物を供給できるようになっています。皆、この状態を当然のように受け⼊れていますが、私たちが毎⽇買い物をしているコンビニやスーパーへは、どのような経路で⾷材が届いているのでしょうか。

数⼗年前から、農家や栽培者がスーパーマーケットからの需要を増やすため、農薬の使⽤を開始しました。現在使われている農薬が安全性に配慮されているとはいえ、殺⾍剤として使⽤するものが本当に⼈間には害がないとは⾔い切れません。

近年では、有機農産物、オーガニック⾷品などの需要が⾼まっています。ベジトラグを使ってあなた⾃⾝の⼿で⾷材を栽培することにより、有害な農薬を避けて⾃然に近い野菜や果物を⾷べることができるので、豊かで安⼼な⾷⽣活を送ることができます。

⾃家栽培で育てた物を⾷す喜びDelight

あなたが⼤切に育てた農産物を収穫して⾷べる・・・。その喜びと達成感はかけがえないものです。

普段、スーパーやコンビニで買っている野菜や⾷材も、⾃分が育てた野菜を収穫して調理した料理に⽐べれば、味気なく感じるでしょう。

4⽉の種を植える時期には様々な環境や材料を準備します。 梅⾬の時期には⾬や⾵から守り、時には近所の猫や⽝から守り…苦労してようやく収穫の時期を迎えることで初めて、菜園を⾏う楽しみを感じることができます。

⾃⾝で育てた野菜や果物を⾷べる、その時に味わう達成感は説明しきれないものです。ベジトラグを使って、ぜひ体験してみてください。

菜園⽣活で⼈⽣にスパイスを与えるSpice

変化があるということは平凡な⽇常のスパイスになります。

イギリスの詩⼈、ウィリアム・クーパーは1785年に残した有名な⾔葉があります。

「For the majority of us routine is what makes our day structured and organised, which is great…but itʼs not that fun.」

私たちのほとんどにとって、⽇常を計画⽴ててルーチン化することは⾮常に効率的ですが、そんな毎⽇は刺激もなく、あまり楽しい⽇常とは⾔えないですよね。ベジトラグを使って、野菜、果物、またはハーブを育てることで、平凡な毎⽇を刺激的な毎⽇へ変化させましょう。

フルーツとハーブは晩春から晩秋にしか収穫できませんが、野 菜 は ⼀ 年中収穫できます。冬でも、防寒対策をすることで⽩菜やホウレンソウなど、春まで野菜を楽しむこともできます。ベジトラグがある⽣活は、⼀年中楽しく過ごすことができるでしょう。あ な た が寒いときに、野菜や植物も寒くないかを気にかけたり、⽇々想いを与えて⼤事に育てていくと収穫したときの喜びもたくさん感じることができるでしょう。

菜園で学びを楽しむEnjoy

ベジトラグはガーデニングに様々な楽しみ⽅を⾒いだしています。

私たちは未来の世代にも、「ガーデニングで⾃然に触れ、植物を実際に育てることで、⾃分⾃⾝の成⻑へと繋がり、毎⽇を刺激的に変えることができる。」という様な考え⽅と、そのためのスキルを⾝につけていってほしいと思っています。 それをできるだけ容易にするために、より⼿軽で簡単な⾃然と触れ合う環境を作り出していきたいと考えています。

PAGETOP
Copyright © TAKASHO All Rights Reserved.